« 近況報告 | トップページ | AKI&KUNIKOフィリピン公演報告④ »

2011年8月12日 (金)

AKI&KUNIKOフィリピン公演報告③

今日はフィリピン大学音楽学部でのワークショップ。マニラ市内のホテルをチェックアウトし車2台で向かいます。所要時間は、マニラ市とケソン市を結ぶ道路の渋滞次第との事。そして実際の道路は?というと・・「ん~車線はあるのか(笑)」。右からも左からも追い越し車両が攻めてくるので、日本と比べるとかなり無法地帯な状況ですが、クラクション鳴らしながらその状態で折り合って流れている感じです。道はとても混んでいて10:00からのワークショップ「ちょっとギリギリかなあ・・」と若干不安でしたが、30分前に無事に到着しました。音楽学部のキャンパスは緑が溢れて開放的です。南国ムードがあふれています。で・・湿度超高~い(笑)。

さて、私達は早速セッティングしなくては!会場は学内にあるコンサートホールのステージ上です。学生との距離が近く、この距離感がとてもやりやすかったです。客席も開放し、舞台に入れない人は客席で聴いてもらいました。

Img_2268_3

基金所長・高取さんと、フィリピン大学音楽科教授のご挨拶の後、まずはAKI&KUNIKOで1曲「OVER THE TOP」を演奏し、私の箏のワークショップから開始です。

Img_2292_3

簡単な歴史・奏法・チューニングの事などを夕美さんの通訳を通して伝えますが、夕美さんは難しい専門用語もすぐに理解して下さるので、ストレスゼロです!。おかげで伸び伸びと話をすることが出来ました。

Img_2294_2

さて、行って現地で分ったことなのですが、フィリピン大学には日本から寄贈された箏が七面もありました。そして箏教授の資格を持つフィリピン人の現地指導者もいらっしゃるのです。

Img_2289_2

箏専攻の学生も沢山おり、楽器がとても有効に活用されていました。演奏会もあるそうですよ。ワークショップの時に大学の箏を1面お借りし「箏体験」の際に使わせてもらいましたが、糸のメンテナンスも出来ていて、それにもびっくりしました。

« 近況報告 | トップページ | AKI&KUNIKOフィリピン公演報告④ »